菅官房長官が東京新聞の女性記者の望月に安倍首相の発言は全く問題ない

菅官房長官が2017年7月3日の午後の記者会見
都議選で自民党が大敗し東京新聞女性記者望月さんから
厳しい追及がありました。

その時の動画についてはこちらで見れます。

安倍晋三首相の「こんな人たちに負けるわけにはいかない」発言について
菅官房長官が記者会見で東京新聞女性記者望月さんから
なんどもしつこいくらい質問を受けていましたね。

それに対して菅官房長官は安部総理は極めて常識的な発言をしたと解答しました。

それに対し東京新聞女性記者望月さんは有権者を敵視しているけど常識的な発言と
言えるのですか?とさらに追求し菅官房長官は発言を妨害するような事だったんじゃないか?

まぁでもこういうときだけ新聞記者は、国民がとか有権者がと都合良く使いますからね。

スポンサーリンク



ただ何度も安倍首相の秋葉原での演説について東京新聞の女性記者の望月さんは
くらいついて発言に問題ないのかと追求も菅官房長官は全くあると思いませんと
きっぱり答えてましたね。

ちょっと笑ったのは女性記者がその理由は?と聞くと
菅官房長官ないからですとちょっとこれには笑いましたね。

まだまだ東京新聞女性記者は質問で抗議の声は衝撃的だったと言うと
負けじと菅官房長官あなたの主観に答える事は控えると応戦してました。

まぁこの二人のやりとりってなんか面白いんですよね。

時々半笑いで菅官房長官が答えてることもあるし
ちょっと笑いながら東京新聞の女性記者が聞くときもあるし
他の記者はこのやりとりどう思ってるんだろう?

まぁでもこないだは直球で誰かが東京新聞ジャパンタイムズ
記者の質問しつこいと思いませんかって質問には笑った。

この動画がその時のやりとりですね。
ラストが凄い面白い質問です。

それにしても、安倍首相を擁護する菅官房長官のインタビューの編集に
テレビ局の悪意を感じますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL